| PAGE-SELECT |

HOME > CATEGORY - コンドームの歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

コンドームの歴史

 

コンドームの歴史

 コンドームとは妊娠を避けるために使用する、最も普及している避妊具です。

コンドームの起源は、紀元前3000年頃の初期エジプト王朝にあると言われており、ブタやヤギの盲腸や膀胱を利用して作られていました。

 ただし当時は虫刺され等から守るための下着の一種として日常的に装着したものであったため、コンドームを避妊の目的で使用しませんでした。

しかし、その一方で、性行為時に男性側の刺激を減らし、性交持続時間を延長させるためにも用いたとされています。

日本では江戸時代に導入されており、その後明治42年1909年にゴム製の第1号が誕生しました。ただし、当時はまだ正しい使用法が知られておらず、使用後裏返して再使用したというような珍談も多く伝わっている。

当時の有名な国産コンドームとしては「ハート美人」「敷島サック」、そして軍用の「突撃一番」「鉄兜」などがあります。

今日では性病予防の観点から、世界的にも使用されています 2005年現在、日本の物が最も製造技術と薄さと並んで安全性にも優れているとされ、世界各国にも輸出されています。

 コンドーム通販比較・ナビ)では格安で安心して購入できる、コンドームの紹介をしています。

スポンサーサイト

| コンドームの歴史 | 23時20分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。